不妊の原因は男女にある

不妊の原因は男女にある


不妊になってしまう原因は女性にだけあると考えている方も多いです。現在では不妊の原因が女性にだけあるという考え方は間違っていると判明しています。女性だけではなく、男性側に原因があるという場合もあります。

不妊に悩まれている夫婦は双方に原因があると考えて改善に努めていかなければいけません。WHOでは7273ものカップルを対象とした腸が行われました。その結果、41%が女性に原因がある場合。24%が男性に原因がある場合。そして24%が双方に原因がある場合。残りの11%が不明という結果が出ています。これらの調査から分かるように、不妊というのは女性だけが原因というわけではないのです。男性側にも問題があることにより、不妊になってしまっているかもしれません。

女性側に問題がある場合には、排卵・受精・着床の3つが挙げられます。排卵の場合には、排卵障害になります。卵管のすくいが上手くいかないことによって、排卵障害が発生してしまいます。排卵障害、キャッチアップ障害と呼ばれており多くの女性が悩みを抱えています。

受精に問題がある場合には、子宮頚管の不調が原因です。精子が支給に入り込めないことにより、受精が出来ず妊娠することが出来ない状態となっています。卵管が狭くなってしまったりすることにより、精子などが上手く運搬されない場合には卵管因子になります。着床が原因の場合には、子宮や内膜の問題になります。着床が上手く出来ないと、妊娠が出来ないのです。

男性側に問題がある場合には、精子の質や数に問題があるケースが多いです。受精に至ることが出来ず、不妊で悩みを抱えるということになります。精子を製造する能力に問題がある、精子をサポートする器官にトラブルがある、精子をペニスの先まで運ぶことが出来ない。これらの原因が男性側に問題があり、不妊になってしまう場合です。

不妊は女性だけではなく、男性にも問題がある可能性もありますので夫婦揃って改善するように相談していきましょう!


PS.男女ともに葉酸の摂取不足は不妊の原因になります。そのため、妊娠を希望する場合は、男女ともにサプリで葉酸を摂取することを厚生労働省も推奨しています。詳しくは以下のサイトも参照ください。