漢方による不妊治療について

漢方による不妊治療について


自分自身に合っている不妊の治療方法を探すのは簡単ではありません。体外受精などを行うことになると、費用も高額になってしまいますので出来れば避けたいと考えるのは当然です。体外受精は高額な費用になる上に、成功確率も100%というわけではありません。自然的に妊娠することが出来るのであれば、それに越したこはないのです。

そこで今現在注目されているのが「漢方」による治療になります。西洋医学ではなく東洋医学を用いて不妊を改善していくことを考えられてみてはいかがでしょうか。漢方を飲めば不妊が治るというわけではありませんので、可能性があるという程度で考えておきましょう。

漢方を飲むことによって、不妊の治療が行われていますが直接的に子宮に影響を与えるというわけではありません。あくまでも間接的な影響を与えるという感じです。腎の働きを強める、ストレスを緩和する、胃腸の働きの改善、血行不良の改善などが漢方による不妊治療であると言えます。

身体が弱い人や、ダイエットなどが原因で生殖機能が低下してしまう可能性があります。そういう方は生殖機能の回復に努めなければいけません。八味地黄丸といった漢方は、腎の働きを強化する漢方になりますのでクリニックなどでも処方されています。

不妊で悩みを抱えている方は、ストレスを抱えている方が多いです。不妊によるストレスで悪循環に陥ってしまっています。ストレスは身体の不調の原因となってしまいます。自律神経が乱れてしまいますと、排卵障害が起きてしまう可能性が高くなりますのでストレスを緩和する必要があります。精神的な負担を感じられているのであれば、加味逍遥散などの漢方を服用してみると良いでしょう。ストレスの緩和などに良い影響を与えてくれます。

漢方による治療はあくまでも、身体の機能を改善するという程度です。直接的に影響はありませんが、身体の機能が改善することにより不妊を治していくことが出来ます。